秋川渓谷で川遊び。

0
    JUGEMテーマ:日常

    秋川渓谷に川遊びに行こうということで、ついでに一泊してきました。
    娘にとって初の大きな川で怖がるかなと思いましたが、川に着くなり入る気まんまん。
    何も用意していなかったので靴下でインしました。奥さんと私はちゃっかり借りた川足袋着用。


    宿泊先がまたいいところでラッキーでした。
    めちゃくちゃ広い旧家を5、6組が泊まれるようにしている所だったのですが、
    私たち以外のお客さんがいなかったので貸し切り状態でした。
    娘、ずっと大疾走です。



    敷地内には畑があり、そこの野菜を採ってバーベキューが出来るということだったので、
    もちろんやりました。
    採れたての野菜ってなんておいしいんだーって感激しました!

    思い立っていきなり行ったにしては充実の小旅行でした

    ranking←参加中です。よかったらクリックしてください。

    はじめて洗濯物を干す。

    0
      JUGEMテーマ:育児

      1才半の娘が洗濯物を干すと、こんな感じになりました

      私たちが干しているのを見て、自分もやりたいとアピールしてきたので
      試しに洗濯物を渡してみました。
      そうしたら、洗濯バサミを自分の手が届くところまで持ってきてと
      またアピールするので持っていくと、今度は洗濯バサミを広げてとまたアピール。
      そこに娘が洗濯物を持ってきて私が挟んでようやく一つ終了しました。

      娘は洗濯物を持っていただけみたいな感じもしましたが、手伝いが出来たという
      自信なのか、どや顔で笑っていました。持っていただけなのに。

      もちろん後で、伸ばして干し直しました

      ranking←参加中です。よかったらクリックしてください。

      床のシート貼りに挑戦。

      0
        JUGEMテーマ:日常

        この前までアトリエの床はコンクリート仕上げだと思っていたのですが、ある日コーヒーを
        こぼしたのを雑巾で拭いたらコンクリートがとれちゃったんです
        え!っと思って業者さんに問い合わせたらビックリ。
        非防水のモルタルっていう床シートを貼る際の下地だったみたいです。


        もう、しょうがないんで、それなら床シートを貼ってしまえということで自分で頑張って
        みました。

        やってみたら、なかなかの重労働。
        ボンドを塗ってシートをかぶせては、空気をハケで擦って抜いていく作業の繰り返しです。
        ちょっと腰をやられそうになりながら、なんとか完成!


        ちょっと発見。ボンドの塗り後ってきれいな模様ですね。
        職人さんが塗ればもっと均一な仕上げになると思うのですが、へたくそ塗りのおかげで
        塗った線が交じっておもしろい模様になっていました。

        今度、鉢を作る時に白化粧土でやってみようかな。

        ranking←参加中です。よかったらクリックしてください。

        井の頭弁財天、12年に一度の御開帳。

        0
          JUGEMテーマ:日常

          井の頭公園の中にある弁財天のご本尊が見れるということで、行ってきました。
          これを見逃すと今度は12年後ですから、なんか貴重なことに感じまして。


          行ったのは先日の13日です。そのときは、行事で稚児行列というのがあって
          小さな子達が着物を着て、弁財天の周りを1周していました。
          どのような意味があるのかわからなかったのですが、とりあえず可愛かった

          弁天様を、さあ見に行こうと拝観の列に並んだのですが、意外と待ちまして30分くらい
          かかり、ようやく弁天様に会うことが出来ました。

          薄暗い本堂内に穏やかな顔でたたずんでおられました。すごく良いです!
          彫刻的にも、とても良く作られた像だと感じました。

          ご開帳は今日15日が最後ということなんで、興味がある方は是非行ってみてください。


          ranking←参加中です。よかったらクリックしてください。

          電気工事。

          0

            JUGEMテーマ:日常

            前々から考えていたアトリエへの電気窯の設置がやっとのことで決まりウキウキしていたの
            ですが、なめてました。
            それにまつわる工事って大変ですね

            家庭用の電気ではアンペアが足りないので工事を依頼したのですが、家の前に作業車が
            2台も来るは、交通整理の人までいるという結構な大工事。

            もっと単純な工事だと思っていたのでビックリでした。

            次は床のシート貼りを自分でやってみようと考え中です。

            ranking←参加中です。よかったらクリックしてください。

            かなり久々の刺繍。

            0
              JUGEMテーマ:育児

              娘の毛布カバーを妻が作っていて、お手伝いで久々に刺繍をしたのですが、
              案外できるもんですね

              玉止めなんかは、針に糸をくるくる巻き付けて引き抜いて
              きゅっとやったりするなど、手が覚えてるんです。

              小学校の家庭科で習ったことが、ちゃんと活用出来てるんで
              教育のすごさを体感してしまいました

              生活に役立つ教科をもっと増やしたほうがいいのでは、と
              勝手に思っている父でした。

              ranking←参加中です。よかったらクリックしてください。


              お見送りがつらい!

              0
                JUGEMテーマ:育児

                4月から、1歳半の娘が保育園に入園することになりました。
                待機児童が問題になっている最中、入園出来て喜んでいたのですが...

                わたしがお見送りをして、妻がお迎えの形が時間的にスムーズと
                いうことで、ここ何日かやっています。

                なんていったってお見送りがつらい
                娘の泣いている姿を見ていると、まあ連れて帰りたくなります。
                娘といっしょに働けたらいいなー。

                ranking←参加中です。よかったらクリックしてください。

                水道工事。

                0

                  JUGEMテーマ:陶芸
                  すごい雨で思わず、めちゃくちゃ晴れた日に撮影したものを載っけてみました。

                  アトリエに水回りが無く不便だったので、思い切ってシンクを置こうということに
                  なりました。
                  数件の水道工事屋さんに見積もりをお願いしたんですが、工事内容のちょっとした違いは
                  あるにせよ何十万円もの差があり、かなり戸惑いました。

                  こんなに違うものなんですね
                  見積もりだけで疲れちゃってる今日このごろです。

                  ranking←参加中です。よかったらクリックしてください。


                  名古屋のお店。

                  0
                    夏の思い出です。

                    8月、9月中は陶芸、そのほかのお仕事は全てお休みしてこれにかかりっきりでした。

                    親戚のやっているお店なんですが、名古屋駅の近くのスパイラルタワーに入ってる
                    DRAGON BAMBOO(竜竹:ドラゴンバンブー)というお店です。
                    担々麺とフカヒレが人気のお店なんですが、おいしいんで是非行ってみてください。

                    改装に伴い、今まで寂しかった壁に龍と竹のオブジェを作ってほしいという依頼が
                    わたしの母(本業は陶芸家なんですが)にきまして、わたしも応援で制作に入ったの
                    ですが...


                    ここからが大変な事態の連続で。

                    納期は9月13日と決まっていて、話がきたのが8月の中旬だったので、実質の製作期間が
                    2週間ちょっとというハードなスケジュールで受けてしまったのでした。

                    こんな大きさの龍(たて2m、よこ6m)を母と二人でこの期間で作れるのか不安だった
                    のですが、母のいける!というなにも根拠のない自信満々の様子にいける気がしてきて、
                    いつのまにか間に合わせてみせるという、なにかよくわからない使命感みたな気分に
                    なっていました。

                    その1:
                    連日、早朝から夜の12時までという作業がつづき、疲労もあったのか塗料を買いに車で
                    出かけた矢先、バックしたらなんと電信柱が目に入らず車の側面をおもいっきり擦って
                    しまったのです。安全運転というか慎重な運転を続けていて、今まで事故やぶつけたこと
                    が一度もなかったので何が起きたのか分からず、ただただショックというか呆然として
                    しまいました。もう、この日は擦ったことを思い出すたびにため息をついていたと思い
                    ます。

                    いや、切り換え切り換えということで作業再開。

                    その2:
                    でも気になることが。そうです。引越しです!
                    この龍の話がくる前から決まっていたのですが、9月の10日に引っ越すことになっていたの
                    です。もう少しで納期というこの期間に。
                    なぜ?どうしてこのタイミングに?なんで龍を引き受けたのわたし?
                    ...延期も考えたのですが、前々から引越し業者さんにお願いして日程を決めていたことも
                    あり、キャンセル料を払うのも厳しいので強行することにしたのでした。

                    まあ、急ピッチで進めれば大丈夫だろうと思い作業していたのですが、

                    その3:
                    9月6日、母の兄から電話が入り、おじいちゃんが危篤との連絡がありました。
                    かなり動揺しましたが、とりあえず作業をストップして母と2人で直ぐさま病院へ向かい
                    ました。
                    おじいちゃんの容態は安定していて少しホッとしましたが、先生からはいつ容態が変化
                    するか分からないとの話がありました。その日は一旦帰ってまた来ようということで、
                    落ち着きませんでしたが作業を再開しました。
                    それから、2日間おじいちゃんは頑張りましたが、みんなに囲まれながら安らかに永眠
                    しました。96歳という大往生でした。

                    その4:
                    9月9日にお通夜だったのですが、この日、なんと我が娘の1歳の誕生日!
                    以前は、特別な1歳の誕生日をどうしようかと話し合って楽しみにしていたのですが、
                    こんな感じで当日を迎えるとは。
                    お通夜の準備と引越しの準備とバタバタしている中で、娘と妻、引越し準備を手伝いに来て
                    くれた妻のお母さん、わたしの4人でかなり慎ましやかな誕生日会をしました。
                    ゴメン、我が娘! おめでとうの気持ちはものすごく大きいからね。
                    10日はお葬式だったのですが、お通夜で妻と娘もしっかりとお別れできたので引越しを
                    敢行することにしました。

                    もう、この辺はあまり覚えていませんが、たぶんへとへとでした。

                    ここ何日かは、もちろん作業はストップしていたのですが、9月12日には名古屋行きの
                    トラックに完成した龍を積まなければいけなかったので、最後のラストスパートをかけて
                    わたしの兄と父にも参加してもらい、その結果なんとかギリギリで間に合わせることが
                    出来たのでした。
                    次の日、9月13日には名古屋に行き、2日かけて設置作業と手直しをして、本当に完成と
                    いうことになりました。

                    家に帰って来たら、かなり気が抜けてどっと疲れが押し寄せてきて爆睡したのを覚えています。
                    色々なことがあった昨年の夏でした。

                    ranking ←参加中です。よかったらクリックしてください。

                    | 1/1PAGES |